So-net無料ブログ作成

尼崎ケンネル 絶対に許さない [ガス抜き]

遅ればせながら 新年明けましておめでとうございます 

一昨年、引っ越したもので

凄く遠くなってしまった尼崎の中華料理屋さんに

連休最後の日にランチに行ってきました

スペシャルランチを頼んでみました

いつもながらすっごいボリューム^^

オクサンはBランチ

各々スープとキムチと もちろんライスがつきます

女性には必ず ライスは普通で大丈夫ですかと聞かれます

なぜなら

普通でも ファミレスあたりの大盛り以上あるから^^

年齢を重ねる毎に食べる量が減ってきたので 最後は必死で食べました

いつもながら激ウマでした ごちそうさまでした

 

さて尼崎と言えば こちらです

尼崎ケンネル(マークフィールド犬舎)です

実は何年も前 イングリッシュコッカーを飼いたくて

コッカーの世界では有名なこちらの犬舎に 見に来たことがありました

(当時は違う場所だったので 今回はちょっと探しました)

ここのオーナーの的場というオッサンが感じの悪いヤツだったので

ここで買う事は無いなとは 思いましたが

いまから思えば こういう事件を起こしそうな人物だった気がする

周囲は全くの住宅街で2~3階建ての住宅ばっかりのところに この違法な建物

まだ是正はされていませんでした

尼崎の建築指導課は何をしているのか?

定期的に建築指導課をつついてみたいと思います

ちなみに犬の鳴き声は聞こえていました

さて尼崎ケンネルは現在 HPも削除され

(コッカー以外の犬を扱っていたスンダルというペットショップ共に)

この事件で初めてこの犬屋を知った人たちには文句の言いようもないかと思われます

よって 尼崎ケンネルのHPにあった情報を転記しておきます

嫌がらせの手紙を出したり

嫌がらせの電話をしたり

嫌がらせのファックスをしたり

そんな事をした所で この鬼畜に殺された犬たちは帰ってきませんが

供養にはなるかもしれません

ただし自己責任でお願いします 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

〒661-0963 兵庫県尼崎市高田町2-35
 ペットショップ「尼崎ケンネル」
TEL 06-6499-7067
FAX 06-6498-4776
オーナー/的場 孝吉 携帯:090-3718-1944
動物取扱業の種別:販売
登録番号::尼保生第11490-1号
登録年月日:H18.12.28
登録有効期限:H23.12.27
動物取扱責任者:的場 孝吉

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボクとしてはこの業者 絶対に許さない

定期的に現地をウォッチしてみたいと思います

この業者がもし 万が一にも

営業を再開したりしても絶対にこんな所から買ったりしないでください

(写真の看板とテントは画像処理ではありません 恥ずかしくて消したんでしょうね

多少なりとも犬たちに申し訳ないという気持ちがあるのなら 一家心中でもしろ)

ウチの子供達も怒っています


nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:

nice! 27

コメント 8

mitu

おはようございます。
酷いペットショップもあるんですね。
何より、亡くなった動物達のご冥福をお祈りします。
by mitu (2010-01-13 06:40) 

ayafk

寒中お見舞い申し上げます。
確かに怒ってますね、3にゃんとも。
私も一緒に怒りますとも!
オーナーにこの世の不幸がすべて降りかかりますように!
by ayafk (2010-01-13 10:41) 

ダー

大変な事件があったのですね!! (ノ_σ)クスン

by ダー (2010-01-13 12:58) 

すがめ

こんなペットショップがあったんですね・・・
検索をして事件の大体のことがわかりました。
保護センター(保健所)さえも動物の殺処分をなくす運動を始めている時代なのに、酷い業者です。
私も動物愛護団体の会員に一応なっているので、殺処分中止を求める署名集めを協力するように依頼されています。
国民が意識を高めて、声をあげないといけないんですよね。
by すがめ (2010-01-13 14:34) 

フサヲ

私も、ベンガルズのお婿さんを探していた時に、これはどうだろう・・・と思うHPを見ました。
ハッキリとは書かれてはいないのですが、キャッテリーで使えなくなった(←こういった表現は好ましくありませんが、つまり、そういうことだと思います・・・)親猫を避妊して、「最後まで責任持って飼ってくれる方」に、生体代は不要だけどワクチン代は負担、輸送は出来ないから取りに来い、という条件で無料で出されているのを発見しました。。。  仔猫達がどんなに愛情を持って育てられていたとしても、どうしても拭い去れない何かが私には残ってしまいます。。。  それで、使われている写真が可愛らしいものではなく、どちらかと申しますと悲しそうな表情のものなので、ついお迎えに行こうかと思ったのですが、先住猫のいる家がダメなのも条件でしたので、どうすることも出来ませんでした。。。
あと、ベンガルでよくある話ですと、キャットショーでチャンピオンが取れるかどうかが判断できるまでキャッテリーに置いて、ダメだと思ったら即売りに出すんだそうです。たとえそうであったとしても親がチャンピオンでありさえすれば高い値で売れるから、それで良いそうです。。。  で、売りに出す所も様々で、量販店とかですと1匹あたり3、4万で大量に売るそうです(で、それがお店で20万以上で売られるわけです)。
現在お世話になっているオレサマのブリーダーさんは、年末に体調を崩した若葉(そこのキャッテリーの子ではありません)の心配までして下さり、キャッテリー専属の獣医さんと一緒になって、我々がコチラで連れて行きました病院の処置や血液検査の結果、出されたお薬がどうか、どういった治療の可能性があるか等も考えて下さりました。
by フサヲ (2010-01-13 21:43) 

abika

今年もよろしくお願いいたします。
犠牲になってしまったワンちゃんたち…ご冥福をお祈りいたします。。
by abika (2010-01-14 21:09) 

石川

許せませんね。
命をどうお考えなんでしょう…ここの犬舎。
早く登録を取り消すよう、
お願いしたいです
by 石川 (2012-10-02 13:25) 

お名前(必須)

また名前を変えてかなり大規模に繁殖をされているようですね。
by お名前(必須) (2015-04-19 02:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。